猫の発情期

猫は季節発情動物といわれる動物であり、日照時間が発情期に関係します。一日の日照時間が長い1~9月を繁殖期とし、この期間に何度か発情を繰り返します。猫が妊娠してから出産するまでに要する時間は、おおよそ2ヶ月程度です。1~9月の間に発情期を迎えますが、オス猫のピークは春頃なので、やはり立春から春先あたりに妊娠し、春から梅雨入り前に生まれる仔猫が多くなります。野良猫、飼い猫に限らず、発情期には以下のような特徴が現れます。

オス猫の場合
・尿スプレーをする
・外に出たがる、または脱走する
・攻撃的になる
・オス同士のケンカが増える
・食欲不振

メス猫の場合
・人間の子どもの声のような大きな鳴き声を出す
・カラダを仰向けにしてごろごろと地面に擦りつける
・外に出たがる、または脱走する
・いつも以上に甘えてくる
・下半身を高く持ち上げ、腰のあたりに触れたり撫でたりすると反応する
・食欲がなくなる

オスの飼い猫がメスの野良猫をはらませ、野良猫を増やすことも考えられるのです。繁殖を望まない場合は、去勢手術を受けることが、野良猫増加を抑制することにつながります。