野良猫を室内飼育の家猫にする

野良猫の平均寿命は3年から4年とされ、飼い猫は10年に対し半分程度しかありません。理由は病気、交通事故、野良生活での多大なストレスが考えられます。野良猫は病気の可能性があるので、家で飼う前に、動物病院での診察は必須です。人に感染するだけでなく、他の動物にも影響がないようにしなければなりません。野良猫は非常に警戒心が強いので、捕獲してからしばらくはケージの中に入れ、慣れたころに室内に開放するといった方法が一般的に取られています。家猫でもそうですが、放し飼いにすると、住宅地だとどうしても他の家の庭に入り込むなどして迷惑をかけてしまいます。放し飼いの家猫は野良猫と同様に撃退の対象になるのは当然です。他人に迷惑をかえないためには、飼うなら室内飼育を徹底すべきでしょう。

最も有効な野良猫撃退方法! 番人くん